サミュエル・ドウ

Wikipedia open wikipedia design.

サミュエル・カニオン・ドウ
Samuel Kanyon Doe
Samuel Kanyon Doe.jpg

リベリアの旗 リベリア共和国
人民救済評議会議長
任期 1980年4月12日1986年1月6日

リベリアの旗 リベリア共和国
第21代大統領
任期 1986年1月6日 – 1990年9月9日
副大統領 ハリー・モニバ英語版

出生 1951年5月6日
リベリアの旗 リベリア グランドゲデ郡 トゥゾン
死去 (1990-09-09) 1990年9月9日(39歳没)
リベリアの旗 リベリア モンセラード郡 モンロビア
政党 リベリア国民民主党
配偶者 ナンシー・ドウ

サミュエル・カニオン・ドウ(Samuel Kanyon Doe、1951年5月6日 - 1990年9月9日)はリベリア軍人政治家。同国大統領を務めた。民族主義を基盤とした独裁と政治的反対者への苛烈な抑圧をその政治運営の特徴とした。姓はドゥドエドーとも表記する。

経歴[編集]

出生から政権獲得まで[編集]

リベリア内陸部グランドゲデ郡トゥゾンという小さな村落に農家の息子として生まれる。少年期に初等教育を受けられたものの、成績を収められず1969年には高校を中退し陸軍に入隊する。1979年10月には下士官に昇進し、アメリカ陸軍から派遣されたグリーンベレー出身者による訓練も受けた。彼の出身部族であるクラン族英語版(Krahn)[1]はリベリア国土に古くから定住していた部族の一つであったが、当時のリベリアは19世紀アメリカから渡航しリベリア国家を樹立した解放奴隷の子孫、通称アメリコ・ライベリアンが支配しており、先住民系のリベリア国民は多数派であるにもかかわらず長い間政治的な抑圧を受けていた。ドウが軍曹に昇進した時には、後に彼の命を奪うことになるプリンス・ジョンソンが上官だった。

1980年4月12日、上級軍曹に昇進していたドウは他のリベリア部族出身の兵士トーマス・クィウォンパ、トーマス・ウェー・シェン、ハリソン・ダン、ネルソン・トウら同志と共に軍事クーデターを敢行、アメリコ・ライベリアン出身のウィリアム・R・トルバート大統領を殺害し、ホイッグ党と同党の主な支持基盤だったアメリコ・ライベリアンによる支配を終わらせた。ドウが起こしたクーデターにより、トルバート大統領と26人の支持者が戦闘で死亡、さらに10日後には首都モンロビアの海岸で大統領の弟フランク・トルバート英語版ら高官13人を公開処刑した。なお、当時のコートジボワールフェリックス・ウフェボワニ大統領と、ブルキナファソブレーズ・コンパオレ大統領はトルバート大統領と親戚関係にあったため、ドウ政権下のリベリアと両国との関係は著しく悪化することになった。

ドウ政権[編集]

ドウの政治体制の下、リベリアの港湾はアメリカ、カナダ欧州各国など諸国に対し開かれ、外貨を獲得すると同時に多くの海外投資を集め、また租税回避地としての評判をも得るに至った。また、独自の新通貨も発行したが、ドウ政権崩壊後はドウの出身である北部など一部の地域を除き通貨としての価値は認められていない。

ドウ政権下では統治機溝として人民救済評議会(PRC、後のリベリア国民民主党(NDPL))が設置され、ドウは評議会議長(事実上の大統領)になった。憲法は停止されたものの暫定的な措置であるとし、1985年までに文民統治に復帰する事を約束した。その後、翌1981年8月にドウは自身の暗殺を謀ったとしてウェー・シェン、トウら軍人5人を処刑している[2]

しかし1985年10月15日に実際に行われた総選挙では、9つの野党のうち3党しか参加を許されず、かつ投票箱が海に捨てられる等[3]大規模な不正が横行した。ドウは51%の支持を獲得、与党NDPLも上院で全26議席中21議席、下院では全64議席中51議席を得て圧勝したが、これに対して野党の議員の多くが議会への参加をボイコットした。

選挙直後の1985年11月12日、クーデターの同志であったが上記のように粛正など独裁傾向を強めるドウと対立、亡命していたギオ族英語版出身のトーマス・クィウォンパがマノ族ら共に打倒ドウを唱えてシエラレオネより潜入、クーデターを起こしたが失敗し、11月15日にクィウォンパらクーデター関係者は処刑された。報復としてドウは自分の部族であるクラン族のみで結成したリベリア軍英語版(AFL)をギオ族とマノ族が住む地域に派兵し、徹底した破壊と虐殺を行った。モンロビアに連行されたギオ族とマノ族の人々の中には、ドウが所有していた5階建ての高級マンションで彼がペットとして飼っている2匹のライオンに餌として与えられた者もいるという。

翌年、1986年1月6日にドウはリベリア大統領に就任。その後、ドウは野党の議員の新聞の発行停止、政治活動の禁止など圧政を敷いた。

ドウはアメリカの後ろ盾を得ていたものの、周辺諸国やチャールズ・テーラー率いるリベリア国民愛国戦線(NPFL)などによる武装介入が続き、やがて内戦へと発展した(第一次リベリア内戦)。

リベリア内戦、処刑[編集]

内戦勃発から4年余りを経た1990年9月9日、戦局はドウ大統領率いるリベリア政府側にとって不利になる一方であり、NPFLから分派した、プリンス・ジョンソン率いるリベリア独立国民愛国戦線(INPFL)がついに首都モンロビアに侵攻、敗北は必至となっていた。

側近のハリー・モニバ副大統領など閣僚からも辞任を勧められ、もはやリベリア国内に事態を打開できる要素は存在しなかった。ドウ大統領はアメリカが彼の身柄を保証してくれれば、自分はすぐにでも大統領を辞任してリベリア軍内の子飼いの軍人とともに故郷であるグランドゲデ郡へ帰還するとして、モンロビアにあるアメリカ大使館に協力を懇願するが、ドウ政権崩壊はもはや避けられないと見ていたアメリカ政府に断られてしまう。

アメリカの介入が見込めなくなった以上、ドウ大統領の最後の頼みは西アフリカ諸国経済共同体傘下の軍事組織で、彼と親交のあるナイジェリアイブラヒム・ババンギダ大統領が大きな影響力を持つ西アフリカ諸国経済共同体監視団(ECOMOG)であった。ドウ大統領はイスラエルで訓練を受けていた選りすぐりの護衛90人を連れ、大統領官邸からモンロビア郊外のECOMOGの駐屯地に向かった。そこで彼はINPFLと講和し戦争を終わらせたいとして、ECOMOGの参謀長にジョンソンとの仲介を求めた。要請を受けたECOMOGはINPFLにドウ大統領が護衛と共にECOMOGの駐屯地に来ていること、そして彼の主張を伝達した。ジョンソンは自らもドウ大統領と同じ考えであり、戦争を終わらせる為今すぐにでもドウ大統領と話し合いたいとECOMOGに返答した。しかし、これはドウを騙し打ちにするための罠であった。

そんな事を知る由もないドウ大統領はジョンソンの回答に満足し、ECOMOGの駐屯地でジョンソンが来るのを待った。一方ジョンソンはドウを捕らえる為、20人程の兵士をECOMOGの駐屯地に送り込んだ。ECOMOGの駐屯地には武器を持って入る事は禁止されていたため、ジープに武器を隠して駐屯地に侵入してきたINPFL兵たちは、まず司令部でドウの護衛を皆殺しにし(彼らはECOMOGの指示に素直に従い、武器を駐屯地の入り口に置いていた為、丸腰であった。なお、ECOMOGの兵士は無事だった)、司令部内部へ乗り込んだ。ECOMOGの司令官であったガーナ軍のアーノルド・クアイノー将軍はこの事態にも抵抗することなくドウをINPFLにあっさり引き渡した。実際には、ECOMOGでは上記の理由からコートジボワールとブルキナファソがドウ打倒のためにテーラーを支援するなど、ドウの期待に反して一致した行動をとれていなかったのである。

ジョンソンの策略にまんまと引っ掛かったうえ、ECOMOGにも見捨てられたドウはジョンソンが待つINPFLの司令部に連行され、その日のうちにリンチにかけられた。上半身裸で後ろ手に縛られたまま、を撃たれたドウは、何でも言う事を聞くからせめて痛む手錠を緩めてくれとジョンソンに訴えるが、ジョンソンはドウの銀行口座を教えろと迫った。最初は口を割ろうとしなかったドウだったが、最終的に教えようとしたところで、しびれを切らしたジョンソンは「お前は私と話をしたいというのか?誰が悪魔などと話をするか」とドウを罵倒し、を切り落とすよう、部下に指示した。体を踏みつけられたうえ、軍用ナイフで耳を切り取られたドウは悲鳴を上げ、INPFLの兵士はさらに踏みつけたり蹴りを入れるなど苛烈な拷問を行った。その後ドウは外に連れ出され、で炙った自分の耳を食べるよう強いられた。ついには手のなども切りとられ、血まみれとなったドウは最終的に銃殺刑に処された。その後、ドウの遺体はモンロビアの中心街で晒されたのち、集団墓地へ投げ込まれた[4]

ドウの死後、INPFLによりビデオ撮影されたドウへの拷問と処刑を映した映像が世界中に流出し、衝撃を与えた。

ドウを倒したジョンソンは臨時大統領を宣言したが、テーラーと大統領の座を争っている間に、野党からなる国民統合暫定政府がエーモス・ソーヤーを暫定大統領に指名した。

その後、ジョンソンは虐殺行為などがもとで支持を失ったためINPFLを解散させたのち亡命、1997年にドウの遺族と和解した。

その他[編集]

2008年、ドウの夫人ナンシー・ドウ(Nancy B.Doe)は、運輸大臣にドウの従兄弟ジャクソン・E・ドウが任命された事を批判し、エレン・ジョンソン・サーリーフ大統領を批判した。ジャクソン・E・ドウとナンシー・ドウはドウ大統領殺害後の、ドウ大統領の銀行口座165,000ドルなどの財産を巡って対立した。ナンシー夫人はドウが殺された時、ジャクソン・E・ドウはドウ大統領の副執事に自分はドウの親戚だと主張し、ドウ大統領の遺産などの重要書類を含むスーツケースを奪い取ったが、ドウ大統領が残した財産は夫人である自分が受け取る権利があるとしてジャクソン・E・ドウを告訴すると述べた。

弟チェイはリベリア和解民主連合(LURD)のリーダーを務めていたが、2004年アメリカ合衆国デラウェア州で脳障害のため死亡している。

ペインズヴィルにサッカースタジアムのサミュエル・カニオン・ドウ・スポーツコンプレックスがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『平成3年版(第35号)外交青書 わが外交の近況』1991年12月、外務省、P182。
  2. ^ Around the World; Liberia Executes Four Charged in Plot on Doe, ニューヨーク・タイムス, 1981年8月15日
  3. ^ English as a Global Language ~ Liberia ~(日本語),2010-06-07閲覧。
  4. ^ Samuel DoeFind a Grave2015年11月18日閲覧
先代:
ウィリアム・トルバート
リベリア大統領
1986年1980年) - 1990年
次代:
エーモス・ソーヤー


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek