コンスタンチン (ウラジーミル大公)

コンスタンチン・フセヴォロドヴィチ
Константин Все́володович
ウラジーミル大公
Archangel Cathedral - NE column, 1st lev., south - Konstantin Vsevolodovich.jpg
在位 1216年 - 1218年

配偶者 アガフィヤ・ムスチスラヴナ
子女 ヴァシリコ
ウラジーミル
フセヴォロド
家名 リューリク家
王朝 リューリク朝
父親 フセヴォロド3世
母親 マリヤ・シュヴァルノヴナ
テンプレートを表示

コンスタンチン・フセヴォロドヴィチ: Константин Все́володович1186年5月18日 - 1218年2月2日)は、ウラジーミル大公(在位:1216年 - 1218年)。フセヴォロド3世の長男。母はボヘミア王女マリヤオセット人とも[1])。祖父はユーリー・ドルゴルーキーロストフ公家の祖。

生涯[編集]

1196年に10歳にして、スモレンスク公ムスチスラフ老公の娘アガフィヤと結婚。

1190年代後半をペレヤスラヴリ・ルースキーで過ごす。

その後、父フセヴォロドは、コンスタンチンをノヴゴロド公に据える。1205-1208年まで。

その後、父はかれにロストフ、ヤロスラヴリウグリチを与える。

1211年に父と領土を巡って争う。

1216年には弟のユーリー2世とヤロスラフ(後のヤロスラフ2世)の軍を破り、ウラジーミルに入り、大公になる。

1218年に死去。三人の息子に世襲分の領土を分割し、ロストフ(ロストフ公国)をヴァシリコに、ウグリチ(ウグリチ公国)をウラジーミルに、ヤロスラヴリ(ヤロスラヴリ公国)をフセヴォロドに遺贈した。 そして、大公位は弟のユーリーに渡った。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little, Brown & Company, 1981. p.273

関連項目[編集]

先代:
ユーリー2世
ウラジーミル大公
3代
1216年 - 1218年
次代:
ユーリー2世