エセキエル・カレーラ

Wikipedia open wikipedia design.

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカレーラ第二姓(母方の)はレイエスです。
エセキエル・カレーラ
Ezequiel Carrera
ロングアイランド・ダックス
Ezequiel Carrera on May 11, 2015.jpg
ブルージェイズ時代(2015年5月11日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 スクレ州ギリア英語版
生年月日 (1987-06-11) 1987年6月11日(32歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2005年 アマチュアFA
初出場 2011年5月20日 シンシナティ・レッズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エセキエル・マニュエル・カレーラ・レイエスEzequiel Manuel Carrera Reyes, 1987年6月11日 - )は、ベネズエラスクレ州ギリア英語版出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。2019年現在は、独立リーグ・アトランティックリーグロングアイランド・ダックス所属。

経歴[編集]

プロ入りとメッツ傘下時代[編集]

2005年1月9日ニューヨーク・メッツと契約してプロ入り。契約後、傘下のルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・メッツでプロデビュー。45試合に出場して打率.227・8打点・7盗塁の成績を残した。

2006年もルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・メッツでプレーし、57試合に出場して打率.301・1本塁打・19打点・22盗塁の成績を残した。

2007年はまずルーキー級ガルフ・コーストリーグ・メッツでプレーし、45試合に出場して打率.341・1本塁打・26打点・16盗塁の成績を残した。8月20日にA-級ブルックリン・サイクロンズへ昇格するこ、20試合に出場して打率.300・6打点・6盗塁の成績を残した。

2008年はA+級セントルーシー・メッツでプレーし、114試合に出場して打率.263・7本塁打・29打点・28盗塁の成績を残した。

マリナーズ傘下時代[編集]

2008年12月11日シアトル・マリナーズクリーブランド・インディアンス間の三角トレードで、ジェイソン・バルガスマイク・カープらと共にマリナーズへ移籍した[1]

2009年は傘下のAA級ウェストテン・ダイヤモンドジャックスでプレーした。91試合に出場して2本塁打・38打点・27盗塁を記録し、打率はサザンリーグの首位打者となる.337を記録した。オフの11月20日にマリナーズとメジャー契約を結び[2]40人枠入りした。

2010年は開幕からAAA級タコマ・レイニアーズでプレーし、64試合に出場して打率.268・18打点・9盗塁の成績を残した。

インディアンス時代[編集]

2010年6月27日ラッセル・ブラニアンとのトレードで、フアン・ディアス英語版と共にインディアンスへ移籍した[3]。移籍後は傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズでプレーし、41試合に出場して打率.286・1本塁打・16打点・11盗塁の成績を残した。

2011年3月7日にインディアンスと1年契約に合意。3月25日にAAA級コロンバスへ配属され[4]、開幕を迎えた。5月20日にメジャーへ昇格し[5]、同日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビュー。8回表2死一・二塁の場面で代打として出場し、一塁へのセーフティーバントを行い、二塁走者が本塁へ生還したため、メジャー初安打初打点を記録した[6]。昇格後は5試合に出場したが、5月26日にAAA級コロンバスへ降格した[7]7月13日ミッチ・タルボット故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格[8]7月18日に中堅手のグレイディ・サイズモアが故障者リスト入りしたため、中堅手として先発起用されていたが、8月19日にAAA級コロンバスへ降格[9]8月20日シェリー・ダンカンが家族の病気によりロースターから外れたため、代役として再昇格した[10]。この年は68試合に出場し、打率.243・14打点・10盗塁の成績を残した。

2012年3月9日にインディアンスと1年契約に合意。3月18日にAAA級コロンバスへ異動した[11]。開幕後はAAA級コロンバスで97試合に出場し、打率.294・6本塁打・42打点・26盗塁を記録。8月3日にメジャーへ昇格した[12]。同日にDFAとなったジョニー・デイモンに代わって第4の外野手となり、48試合に出場して打率.272・2本塁打・11打点・8盗塁の成績を残した。

2013年3月11日にインディアンスと1年契約に合意したが、3月25日にDFAとなった[13]

フィリーズ時代[編集]

2013年4月2日ウェイバー公示を経てフィラデルフィア・フィリーズに移籍した[14]。移籍後は控え野手として13試合に出場したが、13打数1安打に終わり、4月30日にDFAとなった[15]

インディアンス復帰[編集]

2013年5月2日にウェイバー公示を経てインディアンスに復帰した[16]。移籍後は2試合に出場したが、5月5日にDFAとなり[17]、7日にマイナー契約でAAA級コロンバスへ降格した。AAA級コロンバスでは105試合に出場して打率.248・5本塁打・31打点・43盗塁の成績を残した。オフの11月5日FAとなった。

タイガース時代[編集]

2014年1月9日デトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだ[18]。傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで開幕を迎え、97試合に出場。打率.307・6本塁打・41打点・43盗塁と活躍し、8月1日にタイガースとメジャー契約を結んだ[19]。昇格後は45試合に出場して打率.261・2打点・7盗塁の成績を残した。オフの11月20日にDFAとなり[20]、25日にマイナー契約を拒否したため、FAとなった。

ブルージェイズ時代[編集]

2014年12月3日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ[21]

2015年の開幕は傘下のAAA級バッファロー・バイソンズで迎え、5月2日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。8月1日にDFAとなり[22]、3日に40人枠を外れる形でAAA級バッファローへ配属された。その後、17日に昇格し、再びメジャー契約を結んだ[23]。この年は控え外野手として91試合に出場し、いずれも自己ベストとなる打率.273・3本塁打・26打点という成績をマークした。守備面では、外野の3ポジション合わせてDRSが - 10であり、どちらかと言えばチームの足を引っ張った恰好になった。

2016年外野スーパーサブとして起用され、自己最多の110試合に起用された。バッティング面では打率.248・6本塁打・23打点・7盗塁という成績をマーク、本塁打と盗塁、更には他の多くの部門で自己最高の数値を記録した。ディフェンス面では、右翼手の守備に就いたのが最多(65試合)で、無失策・DRS + 8というハイレベルな守備を見せた。次いで左翼手を45試合で守り、1失策・守備率.977と右翼よりは落ちるものの、DRSは + 1だった。中堅手(5試合)では、無失策ながらDRS - 3だった。

2017年は131試合に出場して打率.282・8本塁打・20打点・10盗塁の成績を残した。

2018年2月26日呉昇桓の加入に伴ってDFAとなった[24]。その後、3月1日にマイナー契約に切り替わってAAA級バッファローへ配属され、11日に自由契約となった[25]

ブルージェイズ退団後[編集]

2018年3月12日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ[26]。開幕から傘下のAAA級グウィネット・ストライパーズでプレーしていたが、5月17日に自由契約となった[27]5月18日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び、21日に傘下のAAA級ラスベガス・フィフティワンズへ配属された[28]

2019年1月30日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶが、5月7日に解雇となる。5月31日に独立リーグ・カナディアン・アメリカン・リーグロックランド・ボールダーズと契約するが、4試合の出場後、6月8日にトレードで独立リーグ・アトランティックリーグロングアイランド・ダックスに移籍。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 CLE 68 226 202 27 49 8 3 0 63 14 10 5 7 0 16 0 1 35 4 .243 .301 .312 .613
2012 48 158 147 20 40 6 3 2 58 11 8 1 1 1 8 1 1 35 3 .272 .312 .395 .707
2013 PHI 13 16 13 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2 4 0 .077 .250 .077 .327
CLE 2 5 4 1 2 0 0 0 2 1 0 0 1 0 0 0 0 1 1 .500 .500 .500 1.000
'13計 15 21 17 3 3 0 0 0 3 1 0 0 1 0 1 0 2 5 1 .176 .300 .176 .476
2014 DET 45 73 69 12 18 4 1 0 24 2 7 1 0 0 3 1 1 14 2 .261 .301 .348 .649
2015 TOR 91 192 172 27 47 8 0 3 64 26 2 1 5 2 11 0 2 45 1 .273 .321 .372 .693
2016 110 310 270 47 67 9 1 6 96 23 7 4 7 2 27 0 4 70 8 .248 .323 .356 .679
2017 131 325 287 38 81 10 1 8 117 20 10 1 5 0 30 0 3 75 4 .282 .356 .408 .764
MLB:7年 508 1305 1164 174 305 45 9 19 425 97 44 13 26 5 96 2 14 279 23 .262 .324 .365 .690
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 12(2011年 - 2012年)
  • 16(2013年 - 同年途中)
  • 1(2013年途中 - 同年終了)
  • 61(2014年)
  • 3(2015年 - 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ Mariners announce three-team, 12-player trade with Mets and Indians”. MLB.com Mariners Press Release (2008年12月11日). 2015年1月14日閲覧。
  2. ^ Jim Street (2009年11月20日). “Jakubauskas claimed by Pirates”. MLB.com. 2015年1月14日閲覧。
  3. ^ Indians and Mariners complete trade”. MLB.com Indians Press Release (2010年6月27日). 2015年1月14日閲覧。
  4. ^ Indians Make Roster Reduction”. MLB.com Indians Press Release (2011年3月25日). 2015年1月14日閲覧。
  5. ^ Indians Promote OF Ezequiel Carrera & RHP Frank Herrmann from AAA Columbus”. MLB.com Indians Press Release (2011年5月20日). 2015年1月14日閲覧。
  6. ^ Scores for May 20, 2011”. ESPN MLB (2011年5月20日). 2015年1月14日閲覧。
  7. ^ Indians option OF Ezequiel Carrera to AAA Columbus”. MLB.com Indians Press Release (2011年5月26日). 2015年1月14日閲覧。
  8. ^ Indians place RHP Mitch Talbot on the 15-day disabled list”. MLB.com Indians Press Release (2011年7月13日). 2015年1月14日閲覧。
  9. ^ Indians Promote OF Shelley Duncan & INF Luis Valbuena from AAA Columbus”. MLB.com Indians Press Release (2011年8月19日). 2015年1月14日閲覧。
  10. ^ Indians make roster move”. MLB.com Indians Press Release (2011年8月20日). 2015年1月14日閲覧。
  11. ^ Indians Reduce Roster By Five (5) Players”. MLB.com Indians Press Release (2012年3月18日). 2015年1月14日閲覧。
  12. ^ Indians recall OF Ezequiel Carrera from Triple-A Columbus”. MLB.com Indians Press Release (2012年8月3日). 2015年1月14日閲覧。
  13. ^ Jordan Bastian (2013年3月11日). “Indians keep Giambi with DL move on busy day”. MLB.com. 2015年1月14日閲覧。
  14. ^ Phillies claim Ezequiel Carrera off waivers”. MLB.com Phillies Press Release (2013年4月2日). 2015年1月14日閲覧。
  15. ^ Todd Zolecki (2013年4月30日). “Delmon homers in first at-bat after coming off DL”. MLB.com. 2015年1月14日閲覧。
  16. ^ Zack Meisel (2013年5月3日). “Carrera returns after brief stint in Philly”. MLB.com. 2015年1月14日閲覧。
  17. ^ Indians recall LHP Scott Barnes from Columbus”. MLB.com Indians Press Release (2013年5月4日). 2015年1月14日閲覧。
  18. ^ Steve Adams (2014年1月9日). “Tigers Sign Crowe, Carrera, Sanchez”. MLB Trade Rumors. 2014年1月11日閲覧。
  19. ^ Jason Beck (2014年8月1日). “Carrera gets opportunity due to Jackson trade”. MLB.com. 2014年8月2日閲覧。
  20. ^ Jeff Todd (2014年11月20日). “Tigers Claim Josh Zeid, Designate Ezequiel Carrera”. MLB Trade Rumors. 2015年1月14日閲覧。
  21. ^ Blue Jays sign Justin Smoak”. ESPN MLB (2014年12月3日). 2015年1月14日閲覧。
  22. ^ Hoad, Michael (2015年8月1日). “Blue Jays recall Kawasaki, DFA Carrera, Valencia”. Sportsnet. 2015年8月8日閲覧。
  23. ^ Davidi, Shi (2015年8月17日). “Blue Jays send Hutchison to triple‒A in roster shakeup”. Sportsnet. 2015年8月19日閲覧。
  24. ^ Quinn Roberts (2018年2月26日). “Blue Jays reach deal with reliever Oh” (英語). MLB.com. 2018年3月15日閲覧。
  25. ^ Jeff Todd (2018年3月11日日). “Blue Jays Release Ezequiel Carrera” (英語). MLB Trade Rumors. 2018年3月15日閲覧。
  26. ^ Mark Bowman (2018年3月13日). “Braves sign Carrera to Minor League deal” (英語). MLB.com. 2018年3月15日閲覧。
  27. ^ Steve Adams (2018年5月17日). “Braves Release Ezequiel Carrera” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年5月22日閲覧。
  28. ^ MLB公式プロフィール参照。2018年5月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek