アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事

Wikipedia open wikipedia design.

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国の政治



その他の国 · 地図

アメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事(アメリカがっしゅうこくれんぽうさいこうさいばんしょばいせきはんじ、Associate Justice of the Supreme Court of the United States)は、アメリカ合衆国最高裁判所長官以外のアメリカ合衆国連邦最高裁判所判事の呼称。陪席判事の人数は1869年の裁判所法によって8人と定められている[1]。1789年に連邦最高裁判所が設置されてから、これまでに102人が陪席判事を務めている[2][3]

現在の陪席判事[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Hall, Kermit L. (2005). “Judiciary Act of 1869”. In Hall, Kermit L.; Ely, James W.; Grossman, Joel B.. The Oxford Companion to the Supreme Court of the United States. Oxford University Press. p. 548. 
  2. ^ U.S. Senate: Supreme Court Nominations: 1789–Present”. United States Senate. 2019年6月22日閲覧。
  3. ^ Justices 1789 to Present”. www.supremecourt.gov. 2019年6月22日閲覧。
  4. ^ Justice Clarence Thomas”. Washington, D.C.: The Supreme Court Historical Society. 2019年6月22日閲覧。
  5. ^ Justice Ruth Bader Ginsburg”. Washington, D.C.: The Supreme Court Historical Society. 2019年6月22日閲覧。
  6. ^ Justice Stephen G. Breyer”. Washington, D.C.: The Supreme Court Historical Society. 2019年6月22日閲覧。
  7. ^ Justice Samuel Anthony Alito, Jr.”. Washington, D.C.: The Supreme Court Historical Society. 2019年6月22日閲覧。
  8. ^ Justice Sonia Sotomayor”. Washington, D.C.: The Supreme Court Historical Society. 2019年6月22日閲覧。
  9. ^ Justice Elena Kagan”. Washington, D.C.: The Supreme Court Historical Society. 2019年6月22日閲覧。
  10. ^ Justice Neil M. Gorsuch”. Washington, D.C.: The Supreme Court Historical Society. 2019年6月22日閲覧。
  11. ^ Kavanaugh sworn to high court after rancorous confirmation”. ap.org (2018年10月7日). 2019年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek