アイドルマスター シャイニーカラーズ

Wikipedia open wikipedia design.

アイドルマスターシリーズ > アイドルマスター シャイニーカラーズ
アイドルマスター シャイニーカラーズ
ジャンル アイドル
ゲーム
ゲームジャンル アイドル育成&ライブ対戦ゲーム
対応機種 スマートフォンPC
開発元 BXD
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー 坂上陽三(総合プロデューサー)
高山祐介
メディア enza/App Store/Google Play
プレイ人数 1人
発売日 日本の旗2018年4月24日(enza)
日本の旗2019年3月13日(App Store/Google Play)
キャラクターボイス あり
インターネットラジオ:アイドルマスター シャイニーカラーズ
はばたきラジオステーション
配信期間 2018年6月14日 -
配信サイト アソビストア
配信日 毎週火曜日 18:00 更新
配信形式 インターネットストリーミング(収録放送)
パーソナリティ 週替わり
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲーム
ポータル ゲーム

アイドルマスター シャイニーカラーズ』 (THE [email protected] SHINY COLORS) は、バンダイナムコエンターテインメント2018年4月24日にサービスを開始した育成シミュレーションブラウザゲーム[1]。略称は『シャニマス[2]』。プラットフォームにはバンダイナムコエンターテインメントが株式会社ドリコムと合弁で設立した、BXDHTML5ブラウザゲームプラットフォーム『enza』を採用する。

概要[編集]

HTML5を活用したPCブラウザ・およびスマートフォン向けゲームのプラットフォーム『enza』のローンチタイトル。2018年2月7日ニコニコ生放送YouTubeLINE LIVEで、キャラクターの一部やゲームシステムに関する情報が発表された。初めはスマートフォンブラウザ向けとしてリリースされ、2019年初頭でセーブデータを共有したPCブラウザ向け、およびアプリ版(Android/iOS)のリリースが予告[3]、後に配信を開始(下記)。

アイドル育成と全国のプロデューサー(プレイヤー)間のライブ対戦を基本的なゲームシステムとしており[4]、フィーチャーフォンおよびスマートフォンといった携帯端末でリリースされていたタイトルとしては初の、初代『THE [email protected]』から続く1stシリーズをモチーフとしたゲーム体系となっている。3Dモデルを用いた動きの伴う立ち絵に倣う形で、本作では、2Dのモーフィングアニメーションを取り入れている。

舞台設定としては横繋がりがある他のアイドルマスターシリーズから独立した形態を取り、283(ツバサ)プロダクション所属のプロデューサーとして、個別にユニットが編成されたアイドル達をプロデュースしていく。

また、舞台となる事務所や公園等は東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘駅周辺をモデルとしている。

音楽制作は『アイドルマスター ミリオンライブ!』『アイドルマスター SideM』と同様に、バンダイナムコグループレコード会社ランティス[注 1]が担う。

enzaの仕様上、リリース時点では日本国外のipでの通信(プレイ)には対応していないが、早い段階でグローバル展開を行う予定[5]。また、バンダイナムコのコンテンツ用通貨であるバナコインとは別に、enza用の「enzaポイント」が新たに設けられている。

2019年3月13日よりApp StoreiOSGoogle PlayAndroid)向けのアプリ版が配信開始される[6][注 2]とともに、PCブラウザでの動作を公式に認めるようになった[注 3]

開発[編集]

アイドルマスターシリーズの総合プロデューサーである坂上陽三は、魅力的なイラストカードをSPINEを用いた2Dアニメーションとして表現したいと考えており、本作の開発に踏み切った[7]。また、坂上の「ダウンロードせずにすぐに始められるゲームはないか」という考えなどがきっかけで、本作はHTML5を用いたブラウザゲームとして開発された[7]

坂上は若いスタッフに『アイマス』を作ってほしいと考えており、スタッフたちの強い熱意を理解してたため、坂上のほうから提案するのではなく、彼らの意見を聞いてから開発を許可した[7]。開発スタッフたちがHTMLの操作性を最大限に生かす方法について試行錯誤した結果、本作のシステムは初代『THE [email protected]』に近いものとなった[7]

本作のキャラクターデザインは柔らかなものとなっており、本作のプロデューサーの一人である高山祐介は「アイドルが目の前にいるような感覚を味わえるのはこの絵柄のおかげだと思う」とiNSIDEでのインタビューの中で述べている[7]。また、ほかのアイドルとの関係性を可視化するため、本作のアイドルカードは横長のものが使われた[7]

ゲームシステム[編集]

ゲームの大まかな流れとしては、

  • 育成対象となるプロデュースアイドルと、それを支援するサポートアイドルのユニットを編成
    • 特訓やトレーニングで基礎能力やスキルを強化。
  • プロデュースでアイドルを育成。プロデュースが終了すると、育成したフェスアイドルが誕生する。
    • 主目的である「W.I.N.G.」で優勝、かつプロデュースの最高評価であるTRUE ENDを各アイドルで目指す。
    • 「ファン感謝祭」でアイデアノートを集め、各賞やMVPを狙い、強力なフェスアイドルを誕生させる。
  • フェスアイドルでユニットを編成し、他のプロデューサーとフェスを競う。
    • グレードフェスのレベルが同帯のプロデューサーのアイドルに勝利し、昇格する。

上記のとおり、この3つを主軸とする。

これらのため、ガシャ、ミッション、マニーショップでアイドルやアイテムを獲得し、さらに強化していく。本作でのカードのレアはN、R、SR、SSRの4段階となっている。カード表記としては小文字のp(プロデュースアイドル)もしくはs(サポートアイドル)がカードレアの頭文字に入る(pSSRなど)。

ガシャ[編集]

ガシャを利用することでプロデュースアイドルおよびサポートアイドルを獲得する。フェザージュエル300ポイントで1回、10連(3000ポイント)ではSRが1つ確定となる。

また、バナコインかenzaポイントでも同じくガシャを回すことができる(使用ポイントは同値)。こちらは1日1回限定で90ポイントで回すことも可能。

ガシャの種類としては主に、初回限定の引き直すことができる「運命の出会いガシャ」、新しく追加されたアイドルがピックアップされている期間限定のガシャ、ユニット別や誕生日のアイドルなどがピックアップがされているガシャ、いわゆる常設ガシャの「プラチナガシャ」、SRチケット、SSRチケットを使う「チケットガシャ」となっている。

2018年の8月に行われたサマーキャンペーンではプラチナガシャが1日1回無料と、3段階のサマーステップアップガシャが実施された。

アイドル[編集]

プロデュースアイドルのユニット編成と、サポートアイドルのトレーニングを行うことができる。プロデュース、サポート問わずユニット内に同じアイドルを組むことは不可。サポートアイドルは最大5人までだが、そのうち1つはゲスト扱いとなりオーディションには参加しない。

同じアイドルでも、カード内容の違いによってアイドルイベントや思い出アピールの内容、スキル等が異なる。また、サポートアイドルのみ強化レベルが設定されている。

同じカードイラストのアイドルや特訓はづきさんを使用することで「特訓」により強化することもでき、プロデュースの際有利になる。特訓を行うことによりプロデュースアイドルのスキルが開放され、サポートアイドルではレベル上限が強化される。「トレーニング」を行うことでサポートアイドルのレベルを向上させ、同時レッスン時に得られるパラメータ向上やスキルの獲得、強化が可能。4段階の特訓が終わったアイドルも、「メモリアルピース」と交換することができる。

ミッション[編集]

デイリーやウィークリーのミッションがあり、設定されている目標を達成することでフェザージュエルなどの報酬が得られる。

イベント時などもミッション形式でイペントポイントが獲得でき、イベントショップで交換できる。イベントミッション、イベントポイントはイベントごとに設定されており持ち越すことはできない。

プロデュース[編集]

アイドルマスターの初期シリーズと同様の流れでアイドルを育成するモード。プロデュース終了したアイドルはその時点でのステータスやスキルを有した「フェスアイドル」となり、「フェス」で使用可能になる。フェスアイドルの誕生に際し、育成したプロデュースアイドルそのものが消えてしまうわけではないので、繰り返しプロデュースすることができる。

現行では、システム面で細かい違いが存在する2種類のモードが存在する

  • 新人アイドルを対象とした大会「W.I.N.G.」。アイマス1stシリーズのプロデュースとほぼ同じ。
  • 283プロダクションで開催する「ファン感謝祭」。シーズンが少なく、アイデアノートを集めることで優位になるシステム。

当節では基本となる「W.I.N.G.」でのシステムを中心に記載する。

プロデュースでは担当となるアイドルと新人アイドルの祭典「W.I.N.G.(Wonder.Idol.Nova.Grandprix.)」の優勝を目指すこととなる。プロデュースでは4つのシーズンに区切られており、それぞれファン数のノルマが課されておりそれに達しない場合その時点でプロデュース終了となってしまう。第4シーズンにてノルマをクリアしていればW.I.N.G.の予選通過となり準決勝、決勝と2度のオーディションを勝ち抜けば優勝となる。また、アイドルのレアリティによっては条件を満たすことで優勝後にTrue Endを迎えることができる。

プロデュースではアイドルに、ジャンル別の基礎能力(Vocal、Dance、Visualの3ジャンル。)とメンタル、SP(スキルポイント)、ファンの数値が設定されており、スケジュール内のレッスンやお仕事で向上させることが可能(上昇量はテンションによって変動)。レッスンでは基礎能力を中心に向上させ、お仕事ではラジオでメンタル、トークイベントでSP、雑誌の撮影でファンを向上させることができる。基礎能力はライブ中のアピール力に直結し、メンタルはオーディションやライブでの継続力、SPはスキル獲得、ファンはアイドルランクに影響が出る。レッスンやお仕事にはランダムでサポートアイドルが割り当てられており、一緒に行動した人数によって上昇量が変化する。

オーディションはスケジュールで選択可能な項目で、オーディションに合格することでファン数が大きく向上する。オーディションは必要条件と難易度、ライバルの推定値、ジャンルの流行(1から3位単位)で設定されている。ターンごとに3ジャンルの審査員を選択してアピールを行い(成否によってアイドルのアピールと審査員の評価する順番が変動)、審査員を満足させる(下部のゲージを満タンにさせる)ことで各アイドルがスターを獲得(アピールの与え方によってボーナスが付与)。毎ターンの審査員の評価に応じてメンタルが減少していき、0になると強制的に不合格。全ての審査員が満足した時点で最終的に獲得したスターに応じて順位が決定する。なお、スキルのライブスキルを獲得していた場合は、8つの中から3つがランダムに選ばれ、1ターンに1つ使用することができる。オーディションが進むにつれて、「思い出ゲージ」が上昇し、満タンになると「思い出アピール」(条件によってはサポートアイドルとの「リンクアピール」が続けて発動)の発動が可能になる。

アイドルには体力も設定されており、プロデュースの行動で減少し、その割合でトラブルの発生率が変化する。休むを選択することで、一定量回復する(完全に一定ではなく成功内容で変動)。

週別の時刻に応じてアイドルと会話することもあり、そこで選択肢がでることもある。正しい選択肢を選ぶと、テンション、親密度が上昇し、思い出アピールのレベルが向上する。また、アイドルにタッチすることも可能で、タイミングや部位によってはテンションが変動する。

プロデュースの流れ[編集]

プロデュースはメインとなるプロデュースアイドルと、4人のサポートアイドル及びゲストのサポートアイドルを編成した6人を編成して開始する。

主に大きく分けて能力値を大きく向上させるレッスン、それぞれファン数やメンタルを向上させるお仕事、ファン数を大きく向上させるオーディションに分かれており、これらを全8週間、合計8回を1ターンとして4回行っていく。ターンごとにノルマのファン数が設定されており、最終時までにノルマを達成すると特別オーディションが解放される。

レッスンではVocalの能力値を向上させるVocalレッスン、Danceの能力値を向上させるDanceレッスン、Visualの能力値を向上させるVisualレッスンの三つがある。

お仕事ではメンタル値を向上させるラジオ、SP(後述)を向上させるトークイベント、ファン数を向上させる雑誌の撮影の三つがある。

オーディションはランクに応じてライバル及び審査員のレベルの異なる三つのオーディションがあり、レベルが上がるにつれ一回で獲得できるファン数も増えていく。前述の特別オーディションは各周回のノルマを達成した後に新たに四つ目のオーディションとして開放され、通常のオーディションより多くのファン数を獲得できる。

レッスン及びお仕事では事前に編成したサポートアイドルが同行する場合があり、同行した場合は親愛度が上がり、上限に達するとレッスン及びお仕事評価Excellent確定が発生する。Excellentが発生した場合は通常より多くの能力値を獲得が可能。

SPはレッスン及びお仕事、オーディションそれぞれで獲得が可能で、SPを利用してパッシブスキル及び上級ライブアピールを開放が可能。

そして得たスキル及びアピール値を利用してW.I.N.G.を戦う。スキルはそのままフェスアイドル化後も引き継がれ、SPは終了時の思い出アピールとファン数に応じて追加されるのでフェスアイドル化する際に追加が可能。

フェス[編集]

プロデュースにおけるオーディションを対人戦として仕様変更したモード。30分ごとに挑戦権が回復し、5回までストック可能。

プロデュースで育成したアイドル(フェスアイドル)を編成し、フェスリハーサルにて他のプロデューサーのアイドルと競うこととなる。フェスユニットはCenter、Vocal担当、Dance担当、Visual担当、Leaderの5人で編成し、それぞれ担当の能力に補正がかかる。ユニットの編成の仕方やフェスのイベント内容によってさらに補正の内容が変化する。リハーサルの評価によって「マニー」や称号が得られる。

ショップ[編集]

ショップでは様々なアイテムと交換でき、ショップごとに交換するアイテムが異なる。一部のアイテムがほかのショップに並ぶこともある。

  • フェスで得たマニーと交換できる「マニーショップ」
  • フェザージュエルと交換できる「ジュエルショップ」
  • バナコインで期間限定のアイテムなどを購入できる「プレミアムショップ」
  • 限界突破の代替として使用可能な「特訓はづきさん」をはづきさんシールと交換できる「はづきさんショップ」
  • イベントで得たイベントポイントと交換できる「イベントショップ」
  • 特別な衣装の購入ができる「衣装ショップ」
  • 控室アイドルと交換したメモリアルピースをアイテムと交換できる「メモリアルピースショップ」

登場人物[編集]

本作では19人のアイドルを育成することが可能。

イルミネーションスターズ(illumination STARS)[編集]

第1弾PVにて公表されたユニット。ユニットカラーは黄色。

櫻木 真乃(さくらぎ まの)
声 - 関根瞳
身長:155㎝ / 体重:48㎏ / 年齢:16歳 / 3サイズ:86/58/88 / 血液型:A型 /利き手:右/ 誕生日:4月25日 / 星座:牡牛座 / 出身地:東京都
ほんわかとした性格の癒し系。趣味はお出かけ、公園で日向ぼっこで、特技はハトに好かれること。
高校1年生。
風野 灯織(かざの ひおり)
声 - 近藤玲奈
身長:154㎝ / 体重:43㎏ / 年齢:15歳 / 3サイズ:75/55/78 / 血液型:A型 /利き手:右/ 誕生日:3月4日 / 星座:魚座 / 出身地:東京都
自分が納得するまで、努力を欠かさないストイックな性格。趣味は音楽鑑賞、綺麗な景色を探すこと、占いで、特技は料理、スケジュール管理。口元に小さなホクロがある。高校一年生。大崎甘奈と並び、本作登場人物では最軽量。
八宮 めぐる(はちみや めぐる)
声 - 峯田茉優
身長:157㎝ / 体重:46㎏ / 年齢:16歳 / 3サイズ:90/59/89 / 血液型:O型 / 利き手:右/誕生日:7月22日 / 星座:蟹座 / 出身地:アメリカ
金髪が特徴の少女。日本人の父親と母親がアメリカ人のハーフ。誰にでも、分け隔てなく接する人物。趣味は人と話すことと、体を動かすこと。特技はスポーツ全般。高校一年生。

アンティーカ(L'Antica)[編集]

事前登録数20万件突破によって公表されたユニット。ユニットカラーは紫。

月岡 恋鐘(つきおか こがね)
声 - 礒部花凜[8]
身長:165㎝ / 体重:58㎏ / 年齢:19歳 / 3サイズ:93/60/91 / 血液型:B型 /利き手:左/ 誕生日:2月25日 / 星座:魚座 / 出身地:長崎県
趣味はうちの手料理、何でも絶品たい!で特技はそっくりな似顔絵ば描けるたい!とのこと。自信家でポジティブな性格だが、よく転び、ダンスを間違えるなどドジな面もある。長崎弁を話し、一人称は「うち」。本作登場人物では最もバストサイズが大きい。大学には進学せず、タレント業に進んだ。
幽谷 霧子(ゆうこく きりこ)
声 - 結名美月[8]
身長:160㎝ / 体重:51㎏ / 年齢:17歳 / 3サイズ:79/55/81 / 血液型:AB型 / 利き手:左/誕生日:9月23日 / 星座:天秤座 / 出身地:青森県
ツインテールの銀髪にぐるぐる巻きの包帯が特徴の少女。趣味は、かわいいもの全般の収集・手芸献血。特技は、包帯を綺麗に巻く・足音を立てない・リンゴの皮むき。高校二年生。
田中 摩美々(たなか まみみ)
声 - 菅沼千紗[8]
身長:161㎝ / 体重:49㎏ / 年齢:18歳 / 3サイズ:81/56/83 / 血液型:B型 / 利き手:右/誕生日:5月24日 / 星座:双子座 / 出身地:神奈川県
夜の街をうろついていた所をスカウトされ学生だとわかると、注意を受けたプロデューサーに興味を持ち事務所へと顔を出した。趣味は放浪と人をからかうこと、特技は自分で髪を切ること。プレイヤー(プロデューサー)に対しては敬語を使うなど最低限の常識は持ち合わせているものの、面倒なことを嫌い、自分が興味を示したもの以外には無頓着な、パンキッシュの服装が特徴の高校三年生の少女。一人称は「まみみ」。
白瀬 咲耶(しらせ さくや)
声 - 八巻アンナ[8]
身長:175㎝ / 体重:60㎏ / 年齢:18歳 / 3サイズ:91/58/87 / 血液型:A型 /利き手:右/ 誕生日:6月27日 / 星座:蟹座 / 出身地:高知県
成績優秀でスポーツ万能な少女。立ち居振る舞いも王子様のようで女子高に通い、同性にモテる。趣味はいろいろなところに出かけること、特技は自分を最大限カッコ良く見せる立ち振舞い。可愛いことには不慣れな様子。高校三年生。本作登場人物では最長身かつ最重量。
三峰 結華(みつみね ゆいか)
声 - 成海瑠奈[8]
身長:158㎝ / 体重:44㎏ / 年齢:19歳 / 3サイズ:73/52/81 / 血液型:O型 / 利き手:右/誕生日:1月16日 / 星座:山羊座 / 出身地:福島県
眼鏡とキャップが特徴の、大学一年生。趣味はアイドルライブ鑑賞・カメラゲームアニメ読書。特技は、勉強・推しにいち早く認知されること。自由奔放な性格。一人称は「三峰」。

放課後クライマックスガールズ[編集]

事前登録数41.2万件突破によって公表されたユニット。ユニットカラーはオレンジ。

小宮 果穂(こみや かほ)
声 - 河野ひより[9]
身長:163㎝ / 体重:45㎏ / 年齢:12歳 / 3サイズ:80/57/83 / 血液型:A型 /利き手:右/ 誕生日:7月29日 / 星座:獅子座 / 出身地:東京都
小学生ながら身長が高く、大人びた容姿をしている。趣味は日曜日朝の子供向け番組を見る事・グッズ集め、特技は好きな番組の決め台詞を数多く覚えている。何事にも興味津々で純粋な性格。ヒーローに憧れている。
チームイメージカラーは赤。本作登場人物の中では最年少。
園田 智代子(そのだ ちよこ)
声 - 白石晴香[9]
身長:149㎝ / 体重:46㎏ / 年齢:17歳 / 3サイズ:85/56/82 / 血液型:A型 /利き手:右/ 誕生日:2月24日 / 星座:魚座 / 出身地:千葉県
趣味はスイーツ店巡り、特技はたくさん食べられること。甘いものが大好きな、クラスに一人はいるごく普通の少女。名前にちなんでチョコアイドルを名乗る。
チームイメージカラーはピンク。本作登場人物の中では最も身長が低い。高校二年生。
杜野 凛世(もりの りんぜ)
声 - 丸岡和佳奈[9]
身長:155㎝ / 体重:44㎏ / 年齢:16歳 / 3サイズ:70/54/78 / 血液型:B型 /利き手:左/ 誕生日:10月19日 / 星座:天秤座 / 出身地:鳥取県
趣味は少女漫画芸道全般、特技は折り紙百人一首。落ち着いた佇まいの少女。一歩引いて相手を立てる性格。本作登場人物では最もバストサイズが小さい。
チームイメージカラーは青。高校一年生。
有栖川 夏葉(ありすがわ なつは)
声 - 涼本あきほ[9]
身長:168㎝ / 体重:49㎏ / 年齢:20歳 / 3サイズ:85/58/84 / 血液型:B型 /利き手:右/ 誕生日:8月16日 / 星座:獅子座 / 出身地:愛知県
裕福な家庭に生まれた社長令嬢。趣味はトレーニングストレッチ、特技はトータルコーディネート。名家に誇りを持ち、常に鍛錬を欠かさない。
チームイメージカラーは緑。大学二年生。
西城 樹里(さいじょう じゅり)
声 - 永井真里子[9]
身長:160㎝ / 体重:48㎏ / 年齢:17歳 / 3サイズ:75/58/78 / 血液型:O型 / 利き手:右/誕生日:11月26日 / 星座:射手座 / 出身地:神奈川県
趣味は洋楽とゲーム、特技はスポーツ全般・(中2までは)バスケ。ボーイッシュな性格の少女。自分をアイドルなんて柄じゃないと言い張る。
言葉遣いが乱暴で怖がられることも多いが、果歩の宿題を教えてあげたりと、純粋で素直になれないタイプ。
チームイメージカラーは黄色。高校二年生。

アルストロメリア(ALSTROEMERIA)[編集]

事前登録数28.3万件突破によって公表されたユニット。ユニットカラーはピンク。

大崎 甘奈(おおさき あまな)
声 - 黒木ほの香[10]
身長:159㎝ / 体重:43㎏ / 年齢:17歳 / 3サイズ:80/56/80 / 血液型:A型 /利き手:右/ 誕生日:12月25日 / 星座:山羊座 / 出身地:富山県
大崎姉妹の双子の妹。趣味はショッピングネイル自撮り、特技は早起き倹約。姉のことは「甜花ちゃん」と呼ぶ。アウトドア派で天真爛漫な性格。高校二年生。風野灯織と並び、本作登場人物では最軽量。
大崎 甜花(おおさき てんか)
声 - 前川涼子[10]
身長:159㎝ / 体重:44㎏ / 年齢:17歳 / 3サイズ:81/58/83 / 血液型:A型 / 利き手:右/誕生日:12月25日 / 星座:山羊座 / 出身地:富山県
大崎姉妹の双子の姉。趣味はお昼寝・ネットサーフィン・アニメ・ゲーム、特技は特にないとのこと。妹のことは「なーちゃん」と呼ぶ。妹とは反対に人見知りで、インドアな趣味が多い。高校二年生。
桑山 千雪(くわやま ちゆき)
声 - 芝崎典子[10]
身長:163㎝ / 体重:47㎏ / 年齢:23歳 / 3サイズ:89/58/92 / 血液型:A型 / 利き手:右/誕生日:4月18日 / 星座:牡羊座 / 出身地:山口県
趣味は雑貨作り、特技は裁縫・道案内。落ち着いた性格の女性。ひとつに纏めた三つ編みの髪をリボンで結んでいる。手先が器用でアクセサリー作りが趣味。本作登場人物では最年長。

ストレイライト(Straylight)[編集]

1stライブで追加されることが発表されたユニット。ユニットカラーは赤。

芹沢 あさひ(せりざわ あさひ)
声 - 田中有紀
身長:153㎝ / 体重:47㎏ / 年齢:14歳 / 3サイズ:78/58/77 / 血液型:AB型 / 利き手:両 / 誕生日:1月4日 / 星座:山羊座 / 出身地:東京都
趣味は人間観察・人に話しかけること、特技は記憶力がいいこと。常に面白いことを探し、じっとしていることがない、探求心の強い少女。興味を持ったら一直線だが、飽きっぽい一面も持つ。チームイメージカラーは赤。中学二年生。
黛 冬優子(まゆずみ ふゆこ)
声 - 幸村恵理
身長:163㎝ / 体重:55㎏ / 年齢:19歳 / 3サイズ:78/59/81 / 血液型:A型 / 利き手:右 / 誕生日:12月4日 / 星座:射手座 / 出身地:茨城県
趣味は友達とおしゃべり、特技はみんなと仲良くなること。常に控えめな笑顔で、清楚な少女。可愛いものが大好きで、周囲への気配りもできるため人に好かれる性格。チームイメージカラーは黄緑。専門学校一年生。
和泉 愛依(いずみ めい)
声 - 北原沙弥香
身長:162㎝ / 体重:51㎏ / 年齢:18歳 / 3サイズ:90/58/88 / 血液型:O型 / 利き手:右 / 誕生日:8月2日 / 星座:獅子座 / 出身地:埼玉県
趣味は友達と遊ぶこと・最近の曲を聞くこと、特技は何時間でも電話できること。難しいことを考えるのは苦手だが、親しみやすい少女。ノリがよく、楽天的で大雑把な性格。チームイメージカラーは紫。高校三年生。

283(ツバサ)プロダクション[編集]

プロデューサー(プレイヤー)やアイドル達が所属する芸能事務所

天井 努(あまい つとむ)
声 - 津田健次郎[11]
283プロダクション社長。
七草 はづき(ななくさ はづき)
声 - 山村響[12]
283プロダクション事務員。いくつものアルバイトを兼業している。

CD[編集]

音楽CD[編集]

いずれもランティスより発売。

THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING
2018年6月6日より発売される、ゲーム内の楽曲を収録したシングルCDシリーズ。
THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WINTER
2018年12月19日に発売されたシングルCD。
収録曲
  1. SNOW FLAKES MEMORIES
    歌:シャイニーカラーズ
    作詞:松井洋平 作曲・編曲:中野領太(onetrap)
  2. Let's get a chance
    歌:シャイニーカラーズ
    作詞・作曲:渡辺拓也 編曲:住谷翔平
THE [email protected] SHINY COLORS [email protected] WING
2019年4月10日より発売される、ゲーム内の楽曲を収録したシングルCDシリーズ。

ドラマCD[編集]

遅く起きた朝は……
2018年6月6日発売の公式ガイドブック「アイドルマスター シャイニーカラーズ ファーストガイドブック」に付属。

ライブイベント[編集]

公演年 形態 タイトル 公演日・会場 出演者 出典
2019年 単独ライブ THE [email protected] SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY 3月910日[注 4] 舞浜アンフィシアター千葉県[注 5] 関根瞳、近藤玲奈、峯田茉優、礒部花凜、菅沼千紗、八巻アンナ、成海瑠奈、結名美月、河野ひより、白石晴香、永井真里子、丸岡和佳奈、涼本あきほ、黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子 [13]
ゲスト出演 20th Anniversary ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG 6月22日 幕張メッセ国際展示場(千葉県) 関根瞳、近藤玲奈、峯田茉優、礒部花凜、菅沼千紗、八巻アンナ、成海瑠奈、結名美月、河野ひより、白石晴香、永井真里子、丸岡和佳奈、涼本あきほ、黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子 [14]
単独ライブ THE [email protected] SHINY COLORS SUMMER PARTY 2019 8月18日 パシフィコ横浜国立大ホール神奈川県[注 6] 田中有紀、幸村恵理、北原沙弥香
昼公演のみ:関根瞳、近藤玲奈、峯田茉優、礒部花凜、菅沼千紗、八巻アンナ、成海瑠奈、結名美月
夜公演のみ:河野ひより、白石晴香、永井真里子、丸岡和佳奈、涼本あきほ、黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子
[15]
単独ライブ 283プロダクション プロデューサー感謝祭 ~1.5 Anniversary Festival!!~ 10月27日 森のホール21千葉県 関根瞳、近藤玲奈、峯田茉優、礒部花凜、菅沼千紗、八巻アンナ、成海瑠奈、結名美月、河野ひより、白石晴香、永井真里子、丸岡和佳奈、涼本あきほ、黒木ほの香、前川涼子、芝崎典子、田中有紀、幸村恵理、北原沙弥香 [16]

ラジオ[編集]

アイドルマスター シャイニーカラーズ はばたきラジオステーション』のタイトルで、バンダイナムコエンターテインメントが運営する「アソビストア」にて配信される。

初回放送のみ2018年6月14日木曜日に配信され、以降は毎週火曜日21時に配信される。

アソビストアプレミアム会員向けにおまけコーナー「休憩室」とアーカイブが配信される。

パーソナリティ
パーソナリティはゲーム内に登場するユニットが週替わりで担当する。
イルミネーションスターズ(第1回 - )
アンティーカ(第2回 - )
アルストロメリア(第3回 - )
放課後クライマックスガールズ(第4回 - )
ストレイライト(第38回 - )

漫画[編集]

Web4コマ漫画
公式Twitterで更新される4コマ漫画。作者はギミー。公式ホームページやゲーム内から読むこともでき、後者限定で公開される漫画もある。
アイドルマスター シャイニーカラーズ
2019年7月23日よりウェブコミック配信サイト『コミックNewtype』(KADOKAWA)にて連載開始[17]。作者はしのざきあきら
1stライブ1日目に発表された[18]。イルミネーションスターズの3人をメインに据えている。

テレビCM[編集]

ゲーム映像バージョン
2018年7月31日より放映開始。
「Sポーズ篇」 / 「宣言篇」
2019年3月28日より放映開始。ミュージシャンのYOSHIKIが出演[19]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 法人格としては2018年4月1日付でバンダイビジュアルに吸収合併され、バンダイナムコアーツに社名変更。
  2. ^ iOS版は、開始当時appleの規約上一部の要素(アイドルへのタッチなど)が変更。後に対応するようになった。
  3. ^ PCブラウザからのプレイは配信当初から可能ではあったが、公式から対応機種として言及されていなかった。
  4. ^ 10日は昼・夜の2公演開催。
  5. ^ 全国各地・台湾・香港・韓国でライブビューイングも開催。
  6. ^ 全国各地でライブビューイングも開催予定。

出典[編集]

  1. ^ アイドルマスター シャイニーカラーズ公式 on Twitter」『Twitter』。2018年4月24日閲覧。
  2. ^ アイドルマスター シャイニーカラーズ公式 on Twitter」『Twitter』。2018年4月24日閲覧。
  3. ^ 【事前登録】『アイドルマスター シャイニーカラーズ』App StoreにてiOS版の事前登録開始”. ファミ通App (2019年3月4日). 2019年3月6日閲覧。
  4. ^ スマホ向けブラウザゲーム「アイドルマスター シャイニーカラーズ」が発表。配信時期は今春,事前登録の受付がスタート”. 4gamer.net (2018年2月7日). 2018年2月7日閲覧。
  5. ^ HTML5新サービスenza(エンザ)始動!遊び方は?課金は?データ量は?BXD社長の手塚氏に直撃”. ファミ通App (2018年2月21日). 2018年5月9日閲覧。
  6. ^ 【速報】バンナム、『アイドルマスターシャイニーカラーズ』のスマートフォンアプリ版のサービスを開始!”. Social Game Info (2019年3月13日). 2019年3月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e f アキナツ (2018年2月23日). “『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は「原点回帰」―坂上P、高山氏に誕生のきっかけやキャラクターデザインの意図を訊いてみた”. iNSIDE. イード. 2018年5月19日閲覧。
  8. ^ a b c d e 「アイドルマスター シャイニーカラーズ」の事前登録数が20万を突破。ユニット「アンティーカ」と新アイドル5名の情報も明らかに”. 4Gamer.net (2018年2月14日). 2018年2月21日閲覧。
  9. ^ a b c d e 「アイドルマスター シャイニーカラーズ」の事前登録数が41.2万を突破。新ユニット「放課後クライマックスガールズ」の情報が明らかに”. 4Gamer.net (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  10. ^ a b c 「アイドルマスター シャイニーカラーズ」の事前登録者数が28.3万人を突破。新ユニット“アルストロメリア”の3名も明らかに”. 4Gamer.net (2018年2月21日). 2018年2月21日閲覧。
  11. ^ imassc_officialのツイート- Twitter
  12. ^ 【シャニマス】『アイドルマスター シャイニーカラーズ』七草はづきの声は山村響!スマホ用新作ブラウザゲーム事前登録15万突破!”. ファミ通App. 株式会社Gzブレイン (2018年2月9日). 2018年2月9日閲覧。
  13. ^ THE [email protected] SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY 開催概要”. THE [email protected] OFFICIAL WEB (2018年9月25日). 2019年3月16日閲覧。
  14. ^ https://www.lantis.jp/20th/artist.html
  15. ^ https://idolmaster.jp/event/shinycolors_summerparty2019/information.php
  16. ^ https://shinycolors.idolmaster.jp/fes2019/
  17. ^ imassc_officialのツイート2019年7月23日閲覧。
  18. ^ 「アイドルマスター シャイニーカラーズ」コミカライズが連載決定!”. コミックNewtype (2019年3月9日). 2019年3月16日閲覧。
  19. ^ 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』YOSHIKIさんが1周年記念TVCMに登場!“Xポーズ”ならぬ“Sポーズ”を披露”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2019年3月28日). 2018年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]



This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Destek